カラコンの危険性

カラーコンタクトの危険性

気軽に目のおしゃれができる女性に人気なカラーコンタクトですがここ最近カラーコンタクトによる事故が起きています。 事故の中には重いものだと失明をしたというケースもあります。眼障害の件数が20127月~9月までで少なくとも395件あったそうです。 その割合じゃ女性が98パーセントで大部分が若い女性です。実際会った事故は色素プリントによってアレルギー性結膜炎を発症したりつけたまで寝て角膜炎を起こしたり慢性の酸素不足を起こしたり、色素が落ちて最悪失明というケースもありました。 このように若い女性に人気のカラーコンタクトはオシャレで使いやすい反面目の病気や障害等にかかり易いということが分かります。 使うときは気を付けて使いましょう

カラコン安全に使うには

カラーコンタクトを安全に使うにはどのような対策をすればいいのでしょうか。 まず、新品だからと言って安心するのはやめましょう。新品だからと言って傷がついていないとは限りません。しっかり使う前に傷が付いていないかを確認してつけましょう。使いまわしのものはしっかりと手入れをしましょうこれは、普通のコンタクトにも言えることなのですが使いまわしだと使っているうちにだんだん手入れがおろそかになってしまいます。これは当たり前ですが使った後の洗浄や手入れはしっかりしましょう。 正しく使えばおしゃれに楽しく使えますが使い方を間違えてしまうと恐ろしいことになってしまいます。しっかり使い方を守って正しく楽しく使いましょう。